Archive for 7月, 2014

赤いタンパク質   no comments

Posted at 4:26 pm in 未分類

ラクトフェリンはタンパク質の一種、しかも多機能タンパク質になります。
1930年代にデンマークの科学者によって発見されました。ちなみに名前の由来は、ラクト=ミルク、フェリン=鉄、といわれています。
このタンパク質の一種であるラクトフェリンは鉄と結合しやすのが特徴。
赤みがかった色なため、「赤いタンパク質」との別名もあります。

ラクトフェリンは私たち人間の母乳に多く含まれていますが、唾液、涙、血液にも含まれています。
牛乳にも含まれており、サプリメントとして商品化されているものは牛乳からの成分を使用しています。
そして、効用ですが、免疫力の向上・内臓脂肪の減少・ドライアイの解消・腸内環境の改善による便秘の解消など数えきれないほどあるのです。
最近多くの方が悩んでいる花粉症にも効果があると報告されています。多機能タンパク質といわれるだけのことはありますね。

このラクトフェリンは腸内に届くことで効果が発揮されますので、サプリメントを選ぶ際は腸溶性のものを選ぶようにしましょう。
乳製品やヨーグルトにも含まれていますが、ほとんど胃で分解されてしまい効果は得られません。
適量を食事から摂取するのは難しいのでサプリメントがオススメです。
選ぶなら腸溶性タイプ、覚えておいてくださいね。
そしてもう一つ守ってほしいことは持続して飲むこと。
ラクトフェリンの体内での持続は24時間といわれています。常に腸内にあることで腸内環境が良くなるので、1日1回は必ず飲んでくださいね。

Written by pj on 7月 18th, 2014